SponsoredLink

生命保険会社の破綻について

生命保険会社が破綻した時はどうしたらいいのでしょうか?


まず生命保険契約者保護機構と言うところから一定の契約者保護が図られる事になります。


その仕組みは2通り考えられ、救済保険会社が現れた場合と救済保険会社が現れなかった場合です。


この様な場合には、生命保険契約者保護機構から資金援助がそれぞれに応じて行われることになります。


生命保険会社の破綻の破綻時に注意しなければならないのは、破綻したからといって保険料を
払い込むのをやめってしまった場合、保険契約が失効になったり、保険料の自動振替貸付が適用
されたりしますので、険契約を継続したい場合は保険料を継続して払い込まなければなりません。


また生命保険会社が破綻し、保険契約が失効した後は、再び復活する期間が一定期間与えられますが、
例外として復活できない場合があります。それは健康状態が悪い場合です。


また生命保険会社の破綻後に、普通は保険契約の移転などでは解約が出来ないことになっています。


もし破綻後に、新たな保険会社に加入しようと思うことがあるでしょう。しかしそこでも気をつけなければ
ならないのがご自身の健康状態です。


健康状態の良し悪しによって、契約が出来たり出来なかったりするので注意が必要です。


この様に生命保険会社が破綻した場合は、短絡的にならずに慎重に対処することが大事だと思いますね。

団体信用生命の保険料

皆さんは団体信用生命というのをご存知ですか?


これはもし、住宅ローンの借主が返済途中で死亡した場合に、ローン返済が不可能になるので、
残りを保険会社が支払くれるというもので、この生命保険の保険料のことを、団体信用生命保険料といいます。


私自身、住宅ローンなど組んだことが無いので、お恥ずかしながらこの保険に関しては最近まで
全く知りませんでしたし、住宅ローンは何十年と払わなければいけませんので、世の中のお父さんは
病気なんて出来ないなあと他人事のように思っていました。


そしてそんな時もしお父さんが亡くなったらどうするのだろうと、いつも疑問に思っていました。


しかし団体信用生命があることを知って、なるほど保険制度は社会生活のあらゆることに対して
隅から隅まで行き届いているのだなあと感心させられましたね。


団体信用生命保険料は、普通民間金融機関では強制的に加入されているもので、その多くはローンの
金利に0.28〜0.3%位上乗せされています。


また加入に関しては任意ですが、住宅金融公庫というものもあり、ローン残高の0.28%を毎年払うものです。


団体信用生命の保険料はこの二つになる訳ですが、金利差の違いは気をつけたほうがいいですね。
何せ、毎年支払わなければならないのですからね。


また団体信用生命保険料はローン保証料とは異なる点が挙げられます。


これは借主がが亡くなった場合に、ローン債務がゼロになる事を意味します。


この経費は無駄ではないですね。

生命保険会社の中途採用について

現代は転職の時代といわれています。


1つの会社で定年までいることは現在では珍しく、会社側からリストラされたりと、激動の時代
と言ってもいいでしょう。最近友人の会社が傾き始め、リストラされる前に転職の活動を開始しました。


さて、生命保険会社における中途採用について、 中途入社社員の声を聞いてみることにしました。


まず、転職と聞くと何か不安が付きまとい、先が見えないので勇気が必要となりますが、やはり恐れず、
自分が何をやりたいのか明確な目的意識を強く持つことが肝心だと言うことです。


生命保険会社の中途採用についても、他の会社と同じように35歳を超えると正社員扱いではなく、
契約社員扱いとして入社するケースが多いのですが、だからと言ってサポート体制がしっかりと
していないわけではなく、スキルアップの為の資格試験などの費用を一部負担や社内模擬試験なども
受けることが出来、入社後も安心の体制が整っているようです。


ここの生命保険会社の企業理念である「利益を追求のみならず顧客の生涯満足を意識する」が
社員全体に行き渡っており、生命保険会社の温かい企業体質が伺えます。


社員もお客様も大事にしているように感じられ、非常に働きやすい職場のように感じます。


そして商品の販売に関してもただ闇雲に契約を取るという姿勢ではなく、お客様にとってメリットが
少ない場合は、こちらからお断りする姿勢をとっているところが、会社と社員の誠意ある姿勢が感じられますね。

生命保険を見直そう!

毎月の保険料が家計に多少なりとも負担になると考えてる人は結構多いのではないでしょうか?


やはり、少しでも安くお得な保険は無いのだろうかと見直しを考えたくなりますよね。


TVCMでも新たにいろんな保険商品が次から次へと出てきますので、一体どれに入り直したら
いいのか迷ってしまますよね。


そこで本気で見直しを考えたものの、生命保険の見直しって、素人には到底よくわかるはずかありません。


専門家に頼むにしても、相談料が通常は5千円ぐらいはかかりますので、それでもお安いと考える人なら
話は別ですが、簡単に頼めるにしてもやはり躊躇してしまうのではないのでしょうか?


そんな時、ネットで探し当てたのが無料で受けられる「生命保険の見直し相談サービス」です。


これは時間に関係なく相談を簡単に受けられるので、忙しいサラリーマンなどにも嬉しい方法ですよね。


なんと相談実績は16,000件を超えていると言うのですから、いかに人気が高いかが伺えます。


通常保険に入るときは専門の営業マンからああだこうだ説明を受け、中にはしつこい感じがする人も
いるのですが、ネットでの相談はそういった事も無く安心ですよ。


あくまでも保険相談に関しては中立的な立場であり、節約に関して非常にメリットがあります。


そして、この生命保険の見直し無料相談の申し込みはとっても簡単なんです。


約一分ぐらいで終わってしまう簡単さ!


必要事項を打ち込み、申し込みボタンを押すだけで、後からファイナンシャルプランナーから回答
が来る仕組みになっています。


是非お勧めの方法ですよ。

生命保険の人気度を探る

現在巷で宣伝されている生命保険会社はたくさんあります。


保険の種類もたくさんあり、この種の保険にはどの生命保険会社が一番なのだろうかと迷ってしまいます。


最近の人々の保険への加入傾向としては、保険会社一社に加入したい全ての保険の種類を任せるのでなく、
各保険会社の特色を見極め、複数の会社に加入する傾向にあります。


現在では金融機関の破綻も珍しくなくなってきている訳で、保険会社もリスク分散しようという
考え方が一般化してきているようです。


そこで2007年1月現在の生命保険会社の各保険の種類のランキングのなかで一番人気のものを
探ってみることにしました。


医療保険ではアメリカンファミリーの「EVER」がトップで、保険料の安さが好評を得ているようです。


定期保険で最も人気の高い生命保険がアリコジャパンとなっており、こちらも安さが売りです。


そして最近では発症率がかなり高い癌に対するガン保険では、診断給付金や癌の再発に対して
よりよく考慮されている東京海上日動あんしん生命がトップです。


次にお年寄りにとって大事なのが終身保険であり、保険料の安さからこちらも東京海上日動
あんしん生命が一番人気です。


あまに聞いたことはありませんが、収入保障保険では安さのアリコジャパン、変額個人年金では
元本保証型の東京海上日動フィナンシャル、定額個人年金では比較的利回りは良さが定評の
東京海上日動あんしん生命がトップを走っています。


加入に関して、こうした保険会社のランキングも参考になればと思います。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。