SponsoredLink

団体信用生命の保険料

皆さんは団体信用生命というのをご存知ですか?


これはもし、住宅ローンの借主が返済途中で死亡した場合に、ローン返済が不可能になるので、
残りを保険会社が支払くれるというもので、この生命保険の保険料のことを、団体信用生命保険料といいます。


私自身、住宅ローンなど組んだことが無いので、お恥ずかしながらこの保険に関しては最近まで
全く知りませんでしたし、住宅ローンは何十年と払わなければいけませんので、世の中のお父さんは
病気なんて出来ないなあと他人事のように思っていました。


そしてそんな時もしお父さんが亡くなったらどうするのだろうと、いつも疑問に思っていました。


しかし団体信用生命があることを知って、なるほど保険制度は社会生活のあらゆることに対して
隅から隅まで行き届いているのだなあと感心させられましたね。


団体信用生命保険料は、普通民間金融機関では強制的に加入されているもので、その多くはローンの
金利に0.28〜0.3%位上乗せされています。


また加入に関しては任意ですが、住宅金融公庫というものもあり、ローン残高の0.28%を毎年払うものです。


団体信用生命の保険料はこの二つになる訳ですが、金利差の違いは気をつけたほうがいいですね。
何せ、毎年支払わなければならないのですからね。


また団体信用生命保険料はローン保証料とは異なる点が挙げられます。


これは借主がが亡くなった場合に、ローン債務がゼロになる事を意味します。


この経費は無駄ではないですね。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/66444326
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

American Financial Direct「不動産担保ローン」
Excerpt: 「不動産担保ローン」とは? 自己所有不動産の価値を専門業者が査定し、その不動産を担保として資産価値 に準ずる金額設定し融資する「有担保のフリーローン商品」全てを指します。 んだそうです。知らなか..
Weblog: iso
Tracked: 2007-11-18 14:00
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。