SponsoredLink

生命保険会社の破綻について

生命保険会社が破綻した時はどうしたらいいのでしょうか?


まず生命保険契約者保護機構と言うところから一定の契約者保護が図られる事になります。


その仕組みは2通り考えられ、救済保険会社が現れた場合と救済保険会社が現れなかった場合です。


この様な場合には、生命保険契約者保護機構から資金援助がそれぞれに応じて行われることになります。


生命保険会社の破綻の破綻時に注意しなければならないのは、破綻したからといって保険料を
払い込むのをやめってしまった場合、保険契約が失効になったり、保険料の自動振替貸付が適用
されたりしますので、険契約を継続したい場合は保険料を継続して払い込まなければなりません。


また生命保険会社が破綻し、保険契約が失効した後は、再び復活する期間が一定期間与えられますが、
例外として復活できない場合があります。それは健康状態が悪い場合です。


また生命保険会社の破綻後に、普通は保険契約の移転などでは解約が出来ないことになっています。


もし破綻後に、新たな保険会社に加入しようと思うことがあるでしょう。しかしそこでも気をつけなければ
ならないのがご自身の健康状態です。


健康状態の良し悪しによって、契約が出来たり出来なかったりするので注意が必要です。


この様に生命保険会社が破綻した場合は、短絡的にならずに慎重に対処することが大事だと思いますね。
この記事へのコメント
TBいただきました。ありがとうございます。あなたも、生保の営業している方ですか?

生保破綻・・・・十数年前には、日産○命が破綻し、商工会議所関係の○○生命もおかしくなりましたよね。

会社で社員の為に生命保険も契約してましたが、解約したら40%しか戻ってこなかった。
シッカリした生保以外は破綻させて良いのではないかと思います。

120万人への不払い事件・・・大変に社会問題ですね。明○安田生命は一昨年2回も営業停止処分を受けてますよね。社会悪の大企業はなにをするか分かりません。即刻、保険業登録及び財産の没収をすべきだと思いますよ。
Posted by bokey at 2007年11月19日 15:04
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/67543507
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。