SponsoredLink

生命保険見直しカテゴリの記事一覧

団体信用生命の保険料

皆さんは団体信用生命というのをご存知ですか?


これはもし、住宅ローンの借主が返済途中で死亡した場合に、ローン返済が不可能になるので、
残りを保険会社が支払くれるというもので、この生命保険の保険料のことを、団体信用生命保険料といいます。


私自身、住宅ローンなど組んだことが無いので、お恥ずかしながらこの保険に関しては最近まで
全く知りませんでしたし、住宅ローンは何十年と払わなければいけませんので、世の中のお父さんは
病気なんて出来ないなあと他人事のように思っていました。


そしてそんな時もしお父さんが亡くなったらどうするのだろうと、いつも疑問に思っていました。


しかし団体信用生命があることを知って、なるほど保険制度は社会生活のあらゆることに対して
隅から隅まで行き届いているのだなあと感心させられましたね。


団体信用生命保険料は、普通民間金融機関では強制的に加入されているもので、その多くはローンの
金利に0.28〜0.3%位上乗せされています。


また加入に関しては任意ですが、住宅金融公庫というものもあり、ローン残高の0.28%を毎年払うものです。


団体信用生命の保険料はこの二つになる訳ですが、金利差の違いは気をつけたほうがいいですね。
何せ、毎年支払わなければならないのですからね。


また団体信用生命保険料はローン保証料とは異なる点が挙げられます。


これは借主がが亡くなった場合に、ローン債務がゼロになる事を意味します。


この経費は無駄ではないですね。

生命保険を見直そう!

毎月の保険料が家計に多少なりとも負担になると考えてる人は結構多いのではないでしょうか?


やはり、少しでも安くお得な保険は無いのだろうかと見直しを考えたくなりますよね。


TVCMでも新たにいろんな保険商品が次から次へと出てきますので、一体どれに入り直したら
いいのか迷ってしまますよね。


そこで本気で見直しを考えたものの、生命保険の見直しって、素人には到底よくわかるはずかありません。


専門家に頼むにしても、相談料が通常は5千円ぐらいはかかりますので、それでもお安いと考える人なら
話は別ですが、簡単に頼めるにしてもやはり躊躇してしまうのではないのでしょうか?


そんな時、ネットで探し当てたのが無料で受けられる「生命保険の見直し相談サービス」です。


これは時間に関係なく相談を簡単に受けられるので、忙しいサラリーマンなどにも嬉しい方法ですよね。


なんと相談実績は16,000件を超えていると言うのですから、いかに人気が高いかが伺えます。


通常保険に入るときは専門の営業マンからああだこうだ説明を受け、中にはしつこい感じがする人も
いるのですが、ネットでの相談はそういった事も無く安心ですよ。


あくまでも保険相談に関しては中立的な立場であり、節約に関して非常にメリットがあります。


そして、この生命保険の見直し無料相談の申し込みはとっても簡単なんです。


約一分ぐらいで終わってしまう簡単さ!


必要事項を打ち込み、申し込みボタンを押すだけで、後からファイナンシャルプランナーから回答
が来る仕組みになっています。


是非お勧めの方法ですよ。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。